友達の結婚式にリカちゃん電報送ります

先月、リカちゃん電報があることをブログで書きましたが、リカちゃん人形でも高いものなら1万円を超えるのに、ウェディングドレス姿のリカちゃん、個人的にはプレミアム価格でもおかしくないと思いますが、6000円くらいとお得なので、祝電として送ることにしました

リカちゃん 電報というサイトに、リカちゃん電報について記事があったのですが、他にも結婚式用のリカちゃん電報を探しましたが、どうやらなさそう。

そういった意味では、運よく、リカちゃん電報を見つけることができたのかもしれないです。

一生に一回の結婚式、幸せな時のメッセージ、そして、飾れる電報だと、定期的に見ることができそうで良さそうですよね。

それに、リカちゃん人形って小さい時に持っていたなら、懐かしい気分になるし、きっと、数年後にリカちゃん電報を見て、同じように懐かしい気分になるのかなって。

自分がもらって嬉しいものなら、相手も喜ぶとは思わないけど、リカちゃん電報が売っているお店でも、結婚式の電報の中では人気ランキング2位だったので、
かなり人気みたいです。

メッセージも、電報のお店に、文例がいくつか用意されているので、それを参考にしながら、メッセージを作りたいと思います。

余計なお世話と、親切は紙一重

相手のためにと思ったことでも、喜んでもらえることと、余計なお世話だと思われることがありますよね。

私にとっては、やって欲しいと思うことをやっているつもりだけど、相手にとってはそうでないことって。

相手の世界にとって、良いこと、悪いことって、しっかり理解しないとわからないものですよね。

この前、友達が、セブンイレブンでケーキを買ってきてくれたんです。私はケーキよりも、価格の安いシュークリームの方が好きなんですけど。

友達視点で考えると、シュークリームよりケーキのほうが高いし、見た目もいいから、こっちの方が喜んでくれると思ってのことでしょう。

高いものを買ってきてくれたのに、安いシュークリームの方が好きだなんて言えないし。

余計なお世話も、そうですよね。

相手のためを思ってやっていることが、相手にとってはそうではなく、何もしてくれないほうがいいみたいなことってありますよね。

人それぞれ、いろいろな考え方なので、しっかり考えて?、聞いたりしないとわからないものですよね。

コミュニケーションは重要ですよね。

事前に聞いてくれれば、良かったのにって思うことも過去にはいろいろありましたし、今後も、確認したほうが良かったなって思うこともあるだろうし。

日々の努力しかないですよね。相手にとって、ベストを尽くすことって。

結婚式に送る電報、2000円から送れることがわかりました

学校の卒業式など、電報を読み上げていた記憶がありますが、普通、電報を送ったりもらったりする場面って少ないですよね。

そんなわけで、電報はなじみがなかったのですが、友達が結婚式を挙げるので、出席しますが、電報も送ろうってことになって。

電報、もらったことがなく、見たことがないから、いくらくらいするものは想像がつかなかったのですが、台紙の電報なら、1000円台からあることがわかり、なら、電報送ろうって。

電報って台紙しかイメージがなかったのですが、ぬいぐるみ電報、プリザーブドフラワー電報、バルーン電報とか、いろいろな電報があるんですよ。

そして、リカちゃん電報もあったんです。結婚式用の電報らしく、ウェディングドレスをきたリカちゃん電報です。

値段も6000円くらいと、リカちゃん人形の中でも1万円を超える商品があるので、送料込みなことを考えると安い価格設定のような気がします。

リカちゃん電報を見つけたサイトでは、結婚式電報の人気ランキングがありましたが、リカちゃん電報は2位だったので、大人になっても人気なのかなって。

もし、結婚式でリカちゃん電報をもらったら、懐かしい気分になり嬉しいかも。

台紙の電報と違い、飾っておけるので、いい思い出にもなると思いますし。

結婚式は、まだ、先なのでもう少し調べてから決める予定です。